Vitamin B6 shown to reduce lung cancer risk

ビタミンB6に肺がんの危険性を低下させる働きがあるとのことです。”Individuals with the highest levels of vitamin B6 were as much as 50 percent less likely to develop lung cancer compared to those with low levels of the vitamin,” according to Private MD News.

Here is another report.

日本酒を科学せよ

2013年の米国でのワインの総売上高は$36.3 billion(約37兆円)でした(Ref: http://www.wine-searcher.com/m/2014/04/u-s-wine-sales-rise-for-20th-consecutive-year)。1999年から倍増しています。一方、年度は違いますが2010年度の日本酒の総売上高はなんとその100分の1以下の3160億円(Ref: 東京商工リサーチのデータ:http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis_before/2012/1216330_2004.html)。 その上、日本酒の総売上高は減少する一方。

純粋に日本酒とワインを飲み比べた場合、決して日本酒はワインに劣っていません。それにも関わらず日本酒はビジネスとして全く振るいません。色々な理由があると思いますが、私が思うに日本酒産業界が醸造技術の科学的研究を怠ってきたことが衰退の一番大きな理由ではないでしょうか。例えば、米国の場合、US Davis に Department of Viticulture and Enology (concerning the scientific study of grape-growing and winemaking) があり、ブドウの生育やワイン醸造の科学研究が熱心に行われています。そこにはあの有名なワイン生産者であるRobert Mondaviの寄付に基づいて設立されたRobert Mondavi Institute for Wine and Food Scienceもあります。残念ながら日本の大学にはこの規模の日本酒研究施設はありません。

日本よ、日本酒ビジネスの成功の基盤となる日本酒の科学研究をもっと押し進めよ。そして、それは学者の自己満足で終ってはいけない。アメリカのように儲かる研究を遂行すべきである。日本酒はワインに匹敵する価値を持っているのだから。

ダークマター探索

ヒッグス粒子を発見した欧州のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)で、ダークマター探索が始まります。宇宙の大半を占めると考えられているにも関わらず、素粒子の標準理論の枠外にある謎のダークマターを発見することは非常に困難だと思いますが、科学者達の勇敢な戦いを応援しましょう。
The search for dark matter at the LHC

若返りへの道

若い人の血液を輸血することによって老人が若返ることができるか?あくまでもマウスの実験ですが、少なくとも認知機能に関しては若返りが可能になるかもしれません。Crebというタンパクが鍵を握っているようです。

Young blood reverses age-related impairments in cognitive function and synaptic plasticity in mice
Nature Medicine (2014) doi:10.1038/nm.3569
http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/full/nm.3569.html

工業化農業を推進すべし

工業化農業は日本が全力で進めるべき最重要分野の一つです。工業化農業に関して世界最高水準の技術を開発し、それをもって日本の食料自給率を上げ、さらに全世界にその技術を輸出するよう全力を注入すべきです。

中学校・高校における国語・英語教育に対する提言

中学と高校の英語教育はすべからく理科系出身者が担うべきである。つまり、各人の個人的な思考を世界中の人に理解してもらうための表現手段としての英語教育は理系出身者が担い、論理的で単純明快な英語を使うことを徹底して教育すべし。

同様に、中学と高校の国語教師の半数は理科系出身者が担うべきである。つまり、各人の個人的な思考を万人に理解してもらうための表現方法としての国語教育は理系出身者が担うのである。もちろん、日本人としての魂(大和魂)を身につけるための国語教育が重要であることは論を待たない。そちらは大和の魂を持った人が担うべきである。

サライ 2010年 09月号 – 日本の「庭」完全ガイド


「茶の湯、和歌、書などの教養が織り込まれた日本美の結晶」と言える日本庭園の歴史的・文化的背景から、作庭家の意図、そこに配置される水・石・植栽・景物の役割にわたるまでの詳細が、美しい写真とともにやさしく解説されています。

奈良時代以降、各地で造られてきた日本庭園日本庭園の歴史、中国文化の影響、夢想礎石・小堀遠州・雪舟・上田宗箇・後水尾上皇・松平定信・重森三玲などの古今の名作庭家、日本庭園の基本となる水(洲浜、滝、曲水・遣水、池泉)・石(三尊石、鶴石・亀石、舟石、岩島、石橋、枯滝、枯山水)・植栽(松、桜、カキツバタ、刈り込み)・景物(石灯籠、手水鉢、垣、飛び石、敷石)、借景の日本庭園における役割などを詳しく知ることができます。

紹介されているのは、日本庭園の白眉である桂離宮を始め、修学院離宮、御所、平等院(10円玉にも描かれています)、龍安寺、天龍寺、西芳寺(苔寺)、金閣寺、銀閣寺、無鄰菴、東福寺(以上京都)、熊本水前寺公園、山口常栄寺、山口普賢寺、島根足立美術館、広島借景園、岡山後楽園、岡山頼久寺、平城京東院、福井一乗谷朝倉庭園、金沢兼六園、東京六義園、東京小石川後楽園、福島南湖公園などなど30以上の庭園です。日本全国には1000を超える日本庭園があると言われていますのでこれらはほんの一部に過ぎませんが、それでも居ながらにして日本全国の有名な日本庭園を巡る旅ができました。

これまでなじみの無かった島根県の足立美術館の枯山水庭を知ることができたことがうれしい発見でした。日本画の巨匠・横山大観の絵を源に作庭されたこの枯山水庭の「自然が作り出した山並みと、人間が築いた庭がみごとなまでに一体化している」様は、まさに感嘆のため息がもれるほど素晴らしい。

全国の名日本庭園を巡ってみようと言う思いが沸々と沸いてきました。

今月号のサライは一読・永久保存の価値大いに有りです。

『ミトコンドリアが進化を決めた』ニック・レーン

本書では、ミトコンドリアというミクロン程度の大きさしかない細胞内の小器官を主題に、生命の営み、進化、性、老化、死に関して非常に広範囲にわたる議論が展開されます。一般向けですが、読み通すには高校レベルの生物学の基礎知識と、その内容の膨大さからかなりの集中力を必要とします。

私が高校時代に生物学を学んだ当時(1970年代後半)の教科書では、ミトコンドリアとは「多細胞生物の細胞内にあり、酸素を使って糖などの栄養物を燃やしエネルギーを生み出す」小器官であると教えられただけでした。

その後、約30年間の多くの研究の結果、ミトコンドリアが実はエネルギーを生み出すと言う役割以外にも、有性生殖、母系遺伝、細胞の自殺、生体の老化、死、そして生命の進化にいたるまでの多くの生命活動領域において非常に重要な関係を持っていることが判明しつつあります。それらの新知見が「著者の信念」と言葉を通して微に入り細を穿って紹介されています。ミトコンドリアがこんなにも多くの生命活動に影響を及ぼしていたとは驚きです。

ここで本書に従ってミトコンドリアの働き、起源、性質を簡単にまとめてみます(もちろん網羅的ではありません)。

1. 一人の人間には全身で約1京個(1億の一万倍)のミトコンドリアが存在し、全体重の10%を占める
2. 酸素を使って糖などの栄養物を燃やしエネルギーを生み出す
3. ミトコンドリア自身が独自の遺伝子を持つ
4. ミトコンドリアは母親のみから受け継がれる
5. ミトコンドリアの祖先は細菌で、共生体として真核生物の細胞に棲みついた
6. ミトコンドリアの存在が生命の複雑さを生んだ
7. ミトコンドリアの存在が男女の性を生んだ
8. ミトコンドリアが細胞のプログラム死を司っている
9. ミトコンドリアが老化を左右する
10. 生命の進化においてミトコンドリアが重要な役割を果たした

以上、本書を読んで非常に多くのことを学びましたし、知的好奇心を大いにかき立てられました。

しかしながら、著者の意見のすべてに賛同できるわけではありません。

上で私は「著者の信念」と書きましたが、ミトコンドリアの起源、働き、役割に関してここで著者があたかも証明された事実のように説明していることの中には、まだまだ仮説の範疇を超えていない事柄も多くあります。

もちろん、多細胞生物にとってミトコンドリアが非常に重要であることは確かですが、だからといって著者が言うように「ミトコンドリアが世界を支配している」と断言するのは言い過ぎだと思います。この宇宙において、生命ほど複雑にして精妙な存在は今のところ他には見あたりません。その生命は、ただ単にミトコンドリアだけではなく、遺伝子、細胞、臓器、種々の分子、タンパク、さらには遺伝子には直接プログラムされていない糖鎖、酸素、水素、炭素、窒素、それ以外の微量元素、およびそれらの間の想像を絶する程の複雑にして完璧に調和のとれた相互作用の結果、この宇宙に生存しているのです。とうていミトコンドリアでけでは世界を支配できませんし、説明もできません。

さらに著者の主張の中で私がもっとも賛同できないのは、エピローグの456ページで著者が述べている次の箇所です。「本書で見てきた物語は、(中略)地球上に限らず宇宙のどこにでも当てはまる、生命そのものの物語なのである」には、明らかに論理の飛躍があります。そもそも地球外の生命の存在すらまだ確認されていないのにどうして「宇宙のどこにでも当てはまる」と言えるのでしょうか?われわれが知っている生物学はあくまでも「地球生物学」です。

苦言も申しましたが総体的には非常に優れた書ですので、生命に興味のある人すべてに読んでもらいたいミトコンドリアと生命の一大叙事詩です。

『千年語録 次代に伝えたい珠玉の名言集』サライ編集部

ここにには、60年、70年、80年、90年、そして100年の長きにわたって人生を歩んできた人たち、何かに一生を捧げた人たちの滋味溢れる珠玉の言霊が集められています。

これまで積み重ねてきた年輪と経験、そのときの置かれた環境などによって、人それぞれ受け取る意味合いは異なってくるでしょうが、誰でもこれらの言葉の中に必ず心にまで届く言葉が見つかるはずです。

私が心に刻み込んでおきたい言葉をいつくか挙げておきます。

「ユーモアとは、たんに楽しいこと、面白おかしいことではない。苦悩や落胆を味わった末、『にもかかわらず笑う』。これが真のユーモア精神です」という上智大学のアルフォンス・デーケン氏の言葉に励まされるシャンソン歌手の石井好子さんは、「この世に生まれたかぎり、いつか肉体は滅ぶでしょう。でも、一所懸命生きた、苦しんだ、愛した、その気持ちは「気」として残るんじゃないかしら」と死の境地を述べられています。

他には、
「自分はどこから来て、どこに行くのかという心の煩いが一切ない。人間は空空漠漠から出てきて、空空漠漠に消えていく。ただそれだけのことだと思っています」梅棹忠夫さん(比較文明論の泰斗)、

「私は木枯らしにたたずむ、葉を落とした木々の姿が何とも言えんくらい好きです。ありのままに、力いっぱい生きた潔い美しさがある(中略)人間もこうありたい。混じり気なく、飾り気なく、人生を精いっぱい生きて、自分の役割を果たし、さり気なく去る。」自然を愛する椿守(つばきもり)の岡田種雄さん

これらの言葉は本書の元になった雑誌『サライ』の「サライ・インタビュー」から抜き出された言葉ですが、できれば全文を読んでみたいものです。

あと内容とは関係ありませんが、本書は文字が大きく老眼が始まった私には助かります。もっとも、目のいい人にとってはもっとぎっしりと詰め込んで欲しかったと思う人もいるかもしれませんね。

本書を読んで、一所懸命精いっぱい頑張りながら、それでいてごく自然体でさり気なく生きることの大切さを再認識しました。

歯が抜けました

dogtooth今朝、目を覚ましてベッドでまどろんでいたところ、2週間ほど前からぐらついていた上あご左犬歯が抜けてしまいました。

もともと上下併せて26本(上あご14本、下あご12本)しかない状況での1本の損失はショックです。

抜けた歯をよく見てみると、根の部分が一部欠けているようです。写真の右上部分がこの箇所にあたります。

インプラントにすべきか、それともこのまま放っておくか。インプラントは日米どちらで行っても40〜50万円(4,000〜5,000ドル)前後とのことです。どうするか思案のしどころです。

良い助言をしていただけると幸いです。