Archive for August 2006

日本とカリフォルニア

8月7日から14日までの今回の日本滞在では直前のロンドンのテロ発覚事件の影響で成田空港では厳しい出国検査を受けましたが、特に何事もなく無事帰米しました。今回は本当に蒸し暑い日本の真夏を堪能しました。特に13日にお墓参りに行った京都嵯峨野では、朝10時前にもかかわらず日陰でじっとしていても汗が噴き出すくらい暑い最中、濃い緑に色づいたカエデの木とセミの大合唱に囲まれ「これぞまさに日本の夏」をしみじみと噛みしめながら過ごしました。カリフォルニアの1年中爽やかな気候にどっぷりと浸かってしまっている今となっては日本にはもう住めないなと思っていましたが、京都のこの緑と自然豊かな嵯峨野には、住んでも良いかなと思わせてくれる特別な何かがあります。日本人だけが感じられる何かだと思いますがそれが何かとははっきりとは言えません。カリフォルニアでは経験できない真夏のセミの合唱でしょうか。否、それだけではないはずです。やはり、嵯峨野の豊かな緑、自然、セミの合唱、それから吹き出る汗、これらが渾然一体となったところに何か特別な感傷的な感覚があるのでしょう。これは大阪や東京の大都会では一度も感じたことが無い感覚です。