何を愚かなことを考えているのか京大?「京大が学内“環境税”、50部局で徴収、省エネ推進」

本日付の日本経済新聞の記事なのですが、光熱費などエネルギー消費量に応じて学部や大学院研究科、研究所などに対して“環境税”の賦課金を徴収するとのことです。この記事を読む限りは全機関一律に課金される様です。もしそうなら一体京大はなにを愚かな事を考えているのでしょうか。確かに無駄に光熱費を使っている研究室もあるでしょうが、その一方で光熱費が必須の研究室もあるのです。それを無視して十把一絡げに“環境税”を課金するとはもっての他です。そんな非本質的なところで研究の足を引っ張るのは即刻止めなさい。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.