Archive for December 2008

生命科学用語集

Fluorescent in situ hybridization(FISH:FISH法
Hemoglobin A1c; HbA1cヘモグロビンA1c
intention-to-treat analysis(ITT analysis:治療方針を評価する疫学的解析法、治療企図解析, 治療意図に基づく解析, 包括解析)
polymerase chain reaction(PCR: ポリメラーゼ連鎖反応
reductionism要素還元主義
splicingスプライシング
Streptococcus pyogenes:化膿レンサ球菌
Streptococcus agalactiae:B群レンサ球菌
Streptococcus pneumoniae:肺炎球菌

[References: レンサ球菌・髄膜炎菌・百日咳菌]

主観的認識を客観的に観測 ー 人・コンピュータインターフェース

脳神経科学の権威ある学術雑誌Neuron誌の2008年12月11日号に、visual cortex(視覚野)の活動をMRIで観測することにより実際にどのような画像を認識しているかを客観的に観測する方法を使った、非常に興味深い実験が報告されていました。(Y. Miyawaki, et. al., “Visual Image Reconstruction from Human Brain Activity using a Combination of Multiscale Local Image Decoders”, Neuron 60, 915–929, December 11, 2008; DOI 10.1016/j.neuron.2008.11.004、またScribdのサイトで全文が読めます)

この報告は、国際電気通信基礎技術研究所・認知神経科学研究室の宮脇陽一氏らのチームが開発した測定・解析方法に基づいて行われた実験報告で、特定の図柄や文字を見せたときの脳の視覚野の反応をfMRI(functional magnetic resonance imaging:機能的磁気共鳴画像法)により測定し、測定されたfMRI画像を再構成アルゴリズムによって解析し、実際に見ている画像をコンピュータ上に再構成する事に成功したとの報告です。

四角、十字、ペケなどの図形の再構成はもとより、「n」「e」「u」「r」「o」「n」と言う文字を見せた際に、ある程度の精度で実際に「「n」「e」「u」「r」「o」「n」と再構成されている例が報告されており、これは驚きでした(参照:NewScientistの記事)。さらには、実際の画像再構成を時間的に追ったビデオがYouTubeにアップされています。

彼らの再構成アルゴリズムの要点の一つにModular Decoding(モジュール解読法)があります。簡単に言うと、複雑な視覚認識情報を、測定単位での各知覚パターンにモジュール化し、その各モジュールを予め最適化させた重み係数を使って線形に足し合わせ、最終的に総体としての視覚認識情報を再構成すると言う方法です。これは典型的な要素還元論的方法ですが、複雑なプロセスを要素に分解してそれを足し併せて再構成するというこのアルゴリズムは、種々の分野での応用には事欠かないでしょう。また、ここで彼らの再構成アルゴリズムでは線形性を仮定していますが、著者達もしっかりと指摘している様に実際の脳内活動は非線形ですからその点を改良する必要があるでしょう。しかしながら、線形性を仮定したいわば初期段階のアルゴリズムでもこれほどの結果を出せるのですから、このモジュール解読法の今後の発展が楽しみです。

著者達も指摘しているように興味深い応用例としては、ただ単に意識上で図形や文字を想起しただけでも同じように再構成できるかどうかと言う実験があります。もしこれが可能になれば、将来、例えば何らかの疾患で話せなかったり上半身を動かせない人が、自分の意識を表すことも可能になります。さらには、現時点では自分の考えを話したり文字で書いたりしなければ、それらを他者が分かるように表す方法はありませんが、もしただ単に頭で想起するだけで自分の考えを表現できる様になれば、人間の知的活動の可能性が飛躍的に拡大すると期待されます。想起する速度は、実際にそれを言葉に発したり書いたりする速度よりも遙かに早いですから。ただし、いつもMRIの中に入って生活することはできませんから、MRIと同等の機能を持つ超小型測定装置が必要になりますが、技術的課題さえ克服されればこの様な夢のような話も実現すると期待しても良いのではないでしょうか。

「原理的に可能なことは実現する」、言い換えれば「およそ人間に想像できることであれば、物理法則に反しない限り、どれほど技術的に困難であっても何れは実現する」これが私の信念です。そしてなによりも重要なのがそれを人間の幸せに繋がるように応用することが必須です。

しかしながら、自分の頭の中が他者に筒抜けになってしまうのは困りものですし、逆に外部からのインプットによりマインド・コントロールされるような事になるのだけは防がねばなりません。

なお、本研究に対して、理論物理学者であるMichio Kaku氏の興味深いテレビインタビューがYou Tubeにアップされています。

Merck社がバイオジェネリック薬開発部門の創設を発表

最近7,200人の大々的な雇用削減を発表しリストラを断行している製薬大手のMerck社が、自社の医薬品ポートフォリオを拡充し企業基盤をより堅固なものにするため、新規特許薬以外にfollow-on biologics(biogenerics:バイオジェネリック薬)の研究・開発を推進させるMerck BioVentures創設を2008年12月9日に発表した。これは、2006年に買収したGlycoFi社の持つイースト由来のバイオテック応用タンパク質性医薬品の効果的な開発・製造技術を実用化に応用する試みであり、バイオジェネリック薬分野におけるトップメーカーを目指すための戦略の一環と捉えられている。

具体的には、2012年の上市を目標に貧血治療薬MK-2578が臨床開発段階に入っており、他に少なくとも5つのバイオジェネリック薬を2012年までに最終開発段階に持って行くと、Merck社の上級副社長であるPeter Kim博士は述べている。

今回の発表は、1980年代後半から1990年代初頭にかけて開発された初期のbiopharmaceutical products(バイオテック薬:例えばAmgen社が開発したEpogen[*注参照])の特許期限が切れる時期が目の前に迫っていると言う事実と、特許薬に依存する限りこのような特許切れによる利益の大幅減少の危険性を免れることができない現状で、莫大な開発費のかかる新規特許薬にのみ依存する体制から、新規特許薬と、より安価に開発可能なバイオジェネリック薬の2本立てで今後の製薬分野での競争に勝ち残ろうとする戦略と捉えられる。

また、比較的高価なタンパク質性医薬品に対して、安価なバイオジェネリック薬が供給されれば、医療費の削減にも貢献することが期待されているが、同時に安全性の確認をどう評価するかに関して監督官庁の指針が待たれる。

[注*]Epogen:腎臓透析を受けている患者の慢性的な貧血に対する治療薬。バイオテック企業最大手の米国Amgen社が遺伝子組み換え技術を応用して開発した。有効成分は赤血球の産生を促進するホルモンであるerythropoietin (エイスロポエティン)。

参考文献:

リンク

理想の医療

疾病発症要因・機序・経路を解明出来る医学が、疾病予防・早期発見・早期治療を実現させる本当の医療に結びつく

著者について


増田裕昭(Hiroaki Masuda)
Science and Humanity Innovation Center代表

2008年7月、science evalgelistとして科学を人類の福祉・安寧の向上に役立てるために、Science and Humanity Innovation Centerを立ち上げ、特に分散技術化してしまった現代医学およびその臨床実践の場である医療を、もう一度科学の原点から生命を見直すことにより、

  • 何人にとっても安心立命を得られる医療の実現
  • 科学的データに基づいた真の個人最適化医療の実現
  • 健康を維持出来る全人医療の実現

を目指す活動に後半生を捧げる決意をする。

略歴
1983年京都大学理学部卒、1988年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。

京都大学理学部で物理学、同大学院工学研究科修士課程で素粒子物理学理論を修め、素粒子物理学理論を実験で検証するために名古屋大学大学院理学研究科に進み、筑波の高エネルギー物理学研究所における電子ー陽電子衝突加速器を用いた素粒子実験に参加する。巨大精密測定器の製作および膨大な物理データ解析を精力的にこなし、素粒子としてのクォーク・レプトン生成の解析で博士号を取得。素粒子物理学実験の世界的センターの一つである米国スタンフォード線形加速器センターに研究員として赴任。測定器建設グループで活躍した後、データ解析グループを主導し、数々の論文を学会誌に発表。国際学会での招待講演や専門セミナー等での口頭発表も多い。

同時に「生命」に興味を持ち始め、自分の持てる技能を人間の健康に応用することを考えるようになり、1998年に米国R2 Technology(現Hologic)社に入社、世界で最初の医療画像によるコンピュータ支援ガン診断システムの実用化に成功。2003年からは米国NPOであるCenter for the Advancement of Health and Bioscienceや、Founderの一人として参画し立ち上げたMenlo Biomedix社において、知財の国際化、最新バイオ医療情報の発信、科学セミナーの主催、その他日米間の人的交流や技術交流などの活動に従事。

アメリカに於いて真の和食を広めるために、京都吉兆で修行したシェフと共に、和のコース料理専門店「Wakuriya(和厨)」をカリフォルニア州San Mateo市に開店すると言うRestaurateurの一面も持つ。

履歴書(詳細)