Archive for January 2009

iPhoneで産経新聞を読む

「産経新聞を、一面からテレビ欄まで、紙の新聞そのままのレイアウトで読むことができます」とのうたい文句でiPhoneユーザーに無料で提供されている素晴らしいアプリケーションを知って以来、毎日iPhoneでその日の産経新聞を読ませていただいております。もちろん実際に読む際には部分部分を拡大して読むことになりますが、私の様に日本を離れてアメリカに住んでいる者にとっては最高のアプリケーションです。興味のある方はiTunes Storeから「産経新聞」で検索するとすぐに見つかりますので、ダウンロードして試してみてください。

全紙面を無料で読むことができる、この素晴らしいアプリケーションを提供してくれている産経新聞に拍手!

ヒト胚性幹細胞に基づく脊髄損傷治療法に対する世界で最初の臨床試験

ヒト胚性幹細胞に基づいた治療薬・治療法を開発しているGeron社(米国カリフォルニア州Menlo Park市)が、米国Food and Drug Administration(FDA)に提出していた急性期脊髄損傷の治療候補薬GRNOPC1の臨床試験開始申請(Investigational New Drug (IND) application)に対して、本日(2009年1月23日)ゴーサインが出されました。これはヒト胚性幹細胞に基づいた治療薬・治療法(human embryonic stem cell (hESC)-based therapy )に対する世界で最初の臨床試験となります。ちなみに、この臨床試験開始申請書は、前臨床試験として実施された24の動物試験結果を含み、総ページ数はなんと21,000ページにも達する膨大なものです。

今回のゴーサインにより、Geron社が保有するヒト胚性幹細胞(hESC: human embryonic stem cells)バンクから分化・作製されたオリゴデンドロサイト前駆細胞(oligodendrocyte progenitor cells)を含むGRNOPC1を、患者の脊髄損傷を受けた部位に直接注入することにより脊髄神経機能の回復を促す治療法に対する第1相臨床試験がスタートします。まずは全米で7つの医療センターが選ばれ、そこで対象となるボランティア患者に対して臨床試験が行われます。第1相臨床試験ですので、主エンドポイント(primary endpoint)は安全性の確認ですが、副次エンドポイント(secondary endpoint)として有効性の確認もプロトコルに含まれています。

ラットを使った実験では、脊髄損傷を被った部位にGRNOPC1を注入することにより、損傷部位周辺におけるミエリンの再生および神経の成長がみられ、運動機能の回復がみられています。(Journal of Neuroscience, Vol. 25, 2005)

さらに、副作用を調べた動物実験から、以下の事が確認されています。

  • 脊髄損傷を受けたラットとマウスに対するGRNOPC1の投与後12ヶ月間に奇形種(teratoma)形成が無い
  • 脊髄外への注入細胞の浸潤が少ない
  • 神経障害性の痛みを誘発しない
  • 全身毒性(systemic toxicity)が無い
  • 死亡率を上げない

また、GRNOPC1は試験管レベルの実験で自己血清、NK細胞、T細胞に認識されない、つまり拒絶反応が少ないことが解っており、免疫抑制剤の使用を最低限に抑えることが可能になっています。(Journal of Neuroimmunology, Vol. 192, 2007)

今回のFDAの決定を受けて、Geron社のCEOであるThomas Okarma博士は以下のような声明を発表しています。

“The FDA’s clearance of our GRNOPC1 IND is one of Geron’s most significant accomplishments to date,” said Thomas Okarma, Ph.D., M.D., Geron’s president and CEO. “This marks the beginning of what is potentially a new chapter in medical therapeutics – one that reaches beyond pills to a new level of healing: the restoration of organ and tissue function achieved by the injection of healthy replacement cells. The ultimate goal for the use of GRNOPC1 is to achieve restoration of spinal cord function by the injection of hESC-derived oligodendrocyte progenitor cells directly into the lesion site of the patient’s injured spinal cord.”

「一度損傷を受けた成人哺乳類の中枢神経系は再生しない(Cajal 1921)」と長年言われてきましたが、いよいよ神経再生治療が現実のものとなってきました。Geron社を支援しているChristopher & Dana Reeve Foundationの創設者でもある故Crhistopher Reeve氏(映画Supermanの主人公:落馬事故で脊髄損傷を受け完全四肢麻痺であった)の願いが叶う日もそう遠くはないかもしれません。ただし現在のところ、本治療法の適用を受けるのは脊髄損傷後7-14日間の患者に限られています。

日本でも慶応大学医学部の岡野栄之教授が率いる脊髄損傷グループ実験動物中央研究所と共同で、神経幹細胞を使った脊髄損傷治療法の開発を行っています。これまでは有効な治療法の無かった脊髄損傷に対して、世界中の医学研究グループが切磋琢磨し、効果が高く副作用の少ない治療法が確立され、一人でも多くの患者が救われる日が一日も早く来ることを祈念します。

参考文献

個人的宿題

オンライン辞書

理想の医師像(あるいは、理想の医療)

生命科学・医学研究、臨床試験などの情報量が増大の一歩を辿り、ますます細分化・専門化しつつある医学・医療界の趨勢に鑑みて、「本当にこれで患者は幸せになれるのか?」との疑問が日々強くなってきています。

そこで、私が考える理想の医師(差し支えなければこの「医師」を一人の医師では無く、有機的な協力の出来る医療チームと読み替えてもらっても構いません)像とそれをサポートするシステムを提案してみようと思います。

理想の医師の条件:以下の8つの条件を全て満たす

  1. 人間に関する分子レベルから身体レベルまでのミクロからマクロにわたる生命科学・医学分野に網羅的に精通
  2. 分野を問わず、過去から現在までの臨床研究や基礎医学研究成果に網羅的に精通
  3. 2の各研究成果の意義・価値判定能力
  4. 検査・診断・治療用のあらゆる医療システムに網羅的に精通
  5. 患者のゲノム情報、遺伝子発現情報、生理活性状態、腸内細菌状態、生活習慣、生活環境、精神状態、家族関係、社会関係、価値観などの患者固有の情報を網羅的に把握(真の個人最適化医療:personalized medicine)
  6. 上記1、2、3、4、5の網羅的情報を基に、総合的観点から目の前の患者に最適の検査法、治療法、予防法を選択
  7. 6で選択された治療法・予防法を的確に実施し完遂させ、患者(病気ではなく)を治療、あるいは病気を未然に防ぐ能力
  8. 人間として常に目の前の患者によりそえる全人格的態度

もし実際にこれらの8つの条件を全て満たせば、果たしてその医師は本当に理想の医師と言えるでしょうか?これをまずは世に問いたいと思います。

さて、もしこの様な医師が理論上(in principle)理想だと仮定した場合、次に問題になるのが現実の世界(in practice)で「果たしてこれは実現可能なのか?」ということです。しかしながら、実際に上記8つの条件を全て満たす事は有限の能力しか持ち得ない人間だけでは実現不可能であることは、論を待たないでしょう。

そこで提案したいのは、「医師が、生身の人間としての医師でなければ出来ないことにのみ集中できる」ような総合医療サポートシステム(Comprehensive Medical Support System: CMSS)の構築です。

つまり、上記1から6までの条件で、膨大で多岐にわたる生命科学および医学の知見やデータの取り扱い、処理、検索、分析などの部分を、可能な限りコンピュータ、ロボット、人工知能などのITで肩代わりさせることにより、医師が7と8に集中できるようサポートするシステムです。ただし、このシステムはただ単に電子カルテや細分化されたBioinformaticsなどのいわば単独単純なITではなく、いわば1から6までを総合的かつ網羅的に実現しうるソフトウェアとハードウェアに、各医師の能力や癖までを把握しうる高度なアルゴリズムと、効果的なマン・マシーン・インターフェースを組み込んだ総合システムです。

このようなシステムを構築できれば、医師あるいは医療チームは、本来人間としての医師あるいは医療チームが取り組むべき医療行為のみに専心できるのではないでしょうか。

ただし、1と2の中でも要となる知識だけはこれまで通り自分のものにしておく必要がありますし、3と6の判断が入るプロセスにおいては、このシステムはあくまでも医師の最終判断をサポートする補助的役割を果たすに留めておくべきでしょう。

そして最も重要なのが、このCMSSシステムが患者にとって最善の結果をもたらすように設計され使用されることです(患者のために:patient centered)。

無料オンライン辞書Wikipediaへの寄付が目標額の600万ドルに達する

「Imagine a world in which every single person on the planet is given free access to the sum of all human knowledge(地球上の誰もが自由にアクセスできる、全ての人類の知識の集合)」と言う高邁な理念の基に、ジミー・ウェールズ氏が創設したWikipediaウィキペディア)への今年度の寄付が、2008年1月に今年度の目標額の600万ドルに達しました [ジミー・ウェールズからの感謝の言葉]。これは世界中から12万5千人以上の個人寄付者と、いつくかの大口の寄付によって実現しました。ささやかながら私も投稿者・寄付者として参加しています。

この「全ての人類の知識の集合」とは何と素晴らしい理念でしょうか。それも全てが無料でアクセスできます。その理念を実現させつつあるジミー・ウェールズ氏は本当に尊敬すべき人物です。

また、オンライン辞書としてのWikipediaだけではなく、無料オンライン教科書であるWikibooksも徐々に役に立つ機会が増えてきました。ただし、こちらのWikibooksはまだまだ発展途上ですが、これからの拡充が期待されます。

このWikipediaは私も日頃からお世話になっているだけに本当にうれしく思います。

Wikipedia Affiliate Button