自動車雑誌『NAVI』休刊へ

時代で言えば80年代、個人的には20歳代後半から愛読していた(ここ5年ほどは購読していませんでしたが)二玄社の自動車専門誌『NAVI』が、2010年2月26日発売の2010年4月号を最後に休刊になるとのニュースを読み、一時代が終わったとの感慨があります。「売り上げと広告収入の減少により2月26日発売の2010年4月号を最後に休刊」とのことです[参考]。これまで本誌の発行に尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。

ただ単に車を紹介するのではなく、車を切り口にその時代時代の文化・世相を取り上げていた内容に魅力を感じて購読していたのですが、確かに5年ほど前から、内容にマンネリ化が現れるようになり、紙面に魅力が感じられなくなっていたことは事実です。

ところで私事になりますが、実はこの『NAVI』で連載されていた「10年10万キロストーリー」で取り上げてもらうことが長年の夢でした。

大学院卒業後の88年からカリフォルニアに住むようになり、89年に一発奮起でカリフォルニアの青い空にぴったりのセリカ・コンバーチブルを購入。以来21年間乗り続けています。現在、走行距離は26万マイル(40万キロ)。20年40万キロ、私の半生そのものであるこの車も、そろそろ取り上げてもらう資格があるかなと勝手に思いこんでいましたが、それも夢のまた夢です。

One Comment

  1. Jumpei Nishitani says:

    こんにちは。セリカ・コンバーチブルでネットサーフィンをしていてたどり着きました。
    私も同じく、大学院卒業し無事就職できた自分へのお祝いとして、セリカ・コンバーチブルを購入し乗り続けております。
    中古で買ったので、乗っているのは13~14年ほどですが。

    現在、サバティカルと業務を兼ねて、バンクーバーに住んでおります。今年12月~来年3月に帰国予定です。
    二年ほどの海外生活ですが、日本に残してきたセリカ・コンバーチブル(96年)が恋しくて恋しくて仕方ありません。
    とはいえ、帰国した際には愛車も15年目に入りますので、買い換えをしようかなどと浮気心がちらついておりました。

    そこへ、このHPブログを見つけました。正直、反省もし、同時にとても励まされました。
    20年40万キロは本当にすごいと思います。乗る方もすごいし、乗せる車もすごい。

    今後は、買い換えではなくて、帰国後に自動車屋と長期的なメンテナンスの方策を立てることに頭を使いたいと思います。
    なんだか頭にあったもやもやしていた霧がす~っと晴れ渡ったような爽快な気分です。
    NAVIが復活した際には、ご一緒に「10年10万キロ」に掲載してもらいましょう!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.