Archive for the ‘食’ Category.

日本酒を科学せよ

2013年の米国でのワインの総売上高は$36.3 billion(約37兆円)でした(Ref: http://www.wine-searcher.com/m/2014/04/u-s-wine-sales-rise-for-20th-consecutive-year)。1999年から倍増しています。一方、年度は違いますが2010年度の日本酒の総売上高はなんとその100分の1以下の3160億円(Ref: 東京商工リサーチのデータ:http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis_before/2012/1216330_2004.html)。 その上、日本酒の総売上高は減少する一方。

純粋に日本酒とワインを飲み比べた場合、決して日本酒はワインに劣っていません。それにも関わらず日本酒はビジネスとして全く振るいません。色々な理由があると思いますが、私が思うに日本酒産業界が醸造技術の科学的研究を怠ってきたことが衰退の一番大きな理由ではないでしょうか。例えば、米国の場合、US Davis に Department of Viticulture and Enology (concerning the scientific study of grape-growing and winemaking) があり、ブドウの生育やワイン醸造の科学研究が熱心に行われています。そこにはあの有名なワイン生産者であるRobert Mondaviの寄付に基づいて設立されたRobert Mondavi Institute for Wine and Food Scienceもあります。残念ながら日本の大学にはこの規模の日本酒研究施設はありません。

日本よ、日本酒ビジネスの成功の基盤となる日本酒の科学研究をもっと押し進めよ。そして、それは学者の自己満足で終ってはいけない。アメリカのように儲かる研究を遂行すべきである。日本酒はワインに匹敵する価値を持っているのだから。

工業化農業を推進すべし

工業化農業は日本が全力で進めるべき最重要分野の一つです。工業化農業に関して世界最高水準の技術を開発し、それをもって日本の食料自給率を上げ、さらに全世界にその技術を輸出するよう全力を注入すべきです。