Archive for the ‘日記’ Category.

歯が抜けました

dogtooth今朝、目を覚ましてベッドでまどろんでいたところ、2週間ほど前からぐらついていた上あご左犬歯が抜けてしまいました。

もともと上下併せて26本(上あご14本、下あご12本)しかない状況での1本の損失はショックです。

抜けた歯をよく見てみると、根の部分が一部欠けているようです。写真の右上部分がこの箇所にあたります。

インプラントにすべきか、それともこのまま放っておくか。インプラントは日米どちらで行っても40〜50万円(4,000〜5,000ドル)前後とのことです。どうするか思案のしどころです。

良い助言をしていただけると幸いです。

『新・細胞を読む』山科 正平

われわれ人間のからだは60兆個の細胞からなると言われています。本書では、電子顕微鏡などの高倍率顕微鏡を駆使して撮影された写真によって、それら細胞の姿を余すところ無く紹介してくれています。

本書は、1985年に発刊された『細胞を読む』の改訂第2版という位置づけですが、この20年間の生物学と顕微鏡技術の大いなる発達に基づき、内容的には全く新しい書ともいえる大幅なアップデートを経て発行されました。

現在の最先端の電子顕微鏡では0.1ナノメートル(1メートルの100億分の1)程度の構造まで見ることができます。つまり、細胞はおろか、一つの一つの分子まで見ることが可能になるのです(分子を見ることができるといっても、実際に分子を見るにはかなり厳しい条件をクリアする必要があるのですが)。

99の項目において、人間を含むいろいろな生物の細胞をこのような高解像度・高倍率の写真で紹介し、それに併せてその細胞の体内での働きを説明しています。つまり、各細胞の体内での働きに思いを馳せながら細胞の姿を見ることができるという組み立てになっています。

本書では主に電子顕微鏡によって撮影された「生きていない」細胞の写真が中心となっています(ただし、精子と卵子が受精する瞬間の写真などはあります)が、現在では進化した光学顕微鏡、蛍光顕微鏡、レーザー顕微鏡、そして原子間力顕微鏡などによる撮影が可能になり、さらには生きて活動する細胞の姿を画像化できつつあります。

このように現在では細胞の形だけではなく、その細胞が活動している姿をも捉えることが可能になりつつあります。次期改訂版では、iPadなどの電子書籍に対応し、実際に細胞が活動している姿を動画で見ることができるのようになることを期待しています。

このような地味ですが真摯な研究成果を視覚的に紹介してくる書を著した筆者と出版社に感謝し、筆を置きたいと思います。

科学とは

「科学」とは、「知的生命体が、宇宙を網羅的に理解しようとする知的活動」です。それ故、「科学」は地球上の人類に限定されるものではなく、この全宇宙に存在するであろうあらゆる知的生命体が宇宙を理解しようとする知的活動のすべてに当てはまる全宇宙に普遍的なものです。

この「科学」という営みを行う「知的生命体」は、奇跡のような偶然に偶然が重なってこの宇宙に生まれました。その一つがたまたまこの地球上に生まれた人類です。

その森厳なる事実を前に、私はなんとも厳かな心持ちになります。

そして、「技術」とは、知的生命体が「宇宙」とやりとりする際のインターフェースであり、科学的知見を基に知的生命体によって構築されたものです。このインターフェース無くして知的生命体は「宇宙」とやりとりはできません。

さて、このように「科学」と「技術」の定義をはっきりさせれば知的生命体にとって「科学」と「技術」とは全く別次元の体系であることがわかります、(もちろん「科学」と「技術」とは糾える縄の如しの関係にあるのですが)。この理解に則れば、「科学」と「技術」の両者を表す意味での「科学技術」などと言うことはできません。「科学技術」という表現を使うならそれは「科学に基づいた技術」という意味でのみ使い得るのであって、「科学と技術」を意味するために使うことはできません。しかし、この「科学に基づいた技術」は私の定義からすると同語反復で冗長ですので、「技術」と表現するだけで十分です。

しかし、残念ながら日本では「科学」と「技術」を一絡げ(ひとからげ)にした「科学技術」という表現がまかり通っています。そして、本来、知的生命体の純粋な知的活動である「科学」が、「技術」と一絡げにされ悪役にされることを多くの場面で目の当たりにします。私はそれがどうしても許せません。それ故、私は「科学」と「技術」を峻別し、「科学」と「技術」に言及する際には「科学技術」ではなく「科学と技術」という表現を使うことを提言したい。

自動車雑誌『NAVI』休刊へ

時代で言えば80年代、個人的には20歳代後半から愛読していた(ここ5年ほどは購読していませんでしたが)二玄社の自動車専門誌『NAVI』が、2010年2月26日発売の2010年4月号を最後に休刊になるとのニュースを読み、一時代が終わったとの感慨があります。「売り上げと広告収入の減少により2月26日発売の2010年4月号を最後に休刊」とのことです[参考]。これまで本誌の発行に尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。

ただ単に車を紹介するのではなく、車を切り口にその時代時代の文化・世相を取り上げていた内容に魅力を感じて購読していたのですが、確かに5年ほど前から、内容にマンネリ化が現れるようになり、紙面に魅力が感じられなくなっていたことは事実です。

ところで私事になりますが、実はこの『NAVI』で連載されていた「10年10万キロストーリー」で取り上げてもらうことが長年の夢でした。

大学院卒業後の88年からカリフォルニアに住むようになり、89年に一発奮起でカリフォルニアの青い空にぴったりのセリカ・コンバーチブルを購入。以来21年間乗り続けています。現在、走行距離は26万マイル(40万キロ)。20年40万キロ、私の半生そのものであるこの車も、そろそろ取り上げてもらう資格があるかなと勝手に思いこんでいましたが、それも夢のまた夢です。

本田宗一郎の言葉

2009年12月22日付けの産経新聞に掲載された『次代への名言』の中で、以下のような本田宗一郎の言葉が紹介されています。

「技術そのものより、思想が大切だ。思想を具現化するための手段として技術があり、また、よき技術のないところからは、よき思想も生まれない」

ここで直ぐに思いついたことが、「思想」を「科学」に置きかえることです。

「技術そのものより、科学が大切だ。科学を具現化するための手段として技術があり、また、よき技術のないところからは、よき科学も生まれない」

良い言葉です。

ちなみに、カリフォルニア州在住の私は日本の新聞を手にとって読む事は適いませんが、iPhoneのおかげで産経新聞を読む事ができます。

スタンフォード大学の講義I

スタンフォード大学の授業、セミナー、イベントの一部がYouTubeのスタンフォード大学チャンネルで視聴できます。610の動画が登録されています(2009年5月23日現在)。

今回はその中からひも理論*の大家であり「宇宙のランドスケープ 宇宙の謎にひも理論が答えを出す」の著者でもあるサスキンド(Leonard Susskind)教授がおこなった、一連の生涯教育講義(Continuing Studies)を紹介したいと思います。現在の所視聴できるのは、以下の古典力学、特殊相対性理論、一般相対性理論、量子力学、Quantum Entanglements(I, III)の6つの講義です。

このような素晴らしい講義を世界中の人に無料で提供しているスタンフォード大学に感謝です。

Lecture 1 | Modern Physics: Quantum Mechanics

[注*] ひも理論(String Theory):宇宙のもっとも基本的な構成要素が「ひも」であるとの仮定に基づき、この宇宙の全ての物理現象を統一的に記述しようとする野心的な理論。いわゆる「究極の理論(Theory of Everything)」の最有力候補と目されてはいるが、まだ実験によって検証可能な明確な予言が無いので、あくまでも仮説の域を脱していない。

アメリカに於ける日本酒普及活動

先週の金曜日(2009年3月6日)、サンフランシスコの料理学校California Culinary Academyに於いて開催されたSake Tasting Seminar(The Japan Sake Brewers Association(日本酒造組合中央会)JETRO San Francisco共催、在サンフランシスコ日本総領事館後援)に参加してきました。

参加者は約60名程度でしょうか。その8割以上はアメリカ人と思われます。会場として使われたCalifornia Culinary Academyの教室はその参加者でほぼ満席状態となりイベントが始まりました。

本イベントは大きく2部に分かれており、前半がセミナーで後半が酒のテイスティングです。

前半のセミナーは、フードライターとして著名なPatricia Untermanさんの司会のもと、在サンフランシスコ日本総領事の長嶺安政氏の開会の辞で始まり、日本酒輸出協会会長の松崎晴雄氏が日本酒の概要を、サンフランシスコのレストランBixのExecutive ChefのであるBruce Hill氏が日本酒と洋食とのマッチングを、SausalitoのレストランSushi RanのオーナーであるYoshi Tome(当銘由盛)氏が日本食における日本酒を、そしてサンフランシスコJETRO所長の村永祐司氏の閉会の辞で締めくくられました。Q&Aの時間では会場から活発な質問が発せられ、日本酒をもっとよく知りたいとの聴衆の熱意が感じられました。また、松崎晴雄氏の話は日本語でしたので、それをYoshi Tome氏が英語に逐次通訳しましたが、この逐次通訳は見事でした。

さて、後半は皆が待ちに待った日本酒のテイスティングです。このテイスティングでは、Sushi RanのExecutive ChefであるScott Whitmanさん(写真1)が日本酒に合わせて用意する小皿類料理を、日本酒と共に味わえるのが目玉の一つとなっています。実際に、用意された料理は典型的なカリフォルニア料理と言える料理ですが、さすがに日本酒に合わせて作られただけあり、その味付けは繊細なうまみを生かしたもので、日本酒との相性もぴったりでした。

調理中のScott Whitmanシェフ

写真1:調理中のScott Whitmanシェフ

今回のイベントに遠路はるばる日本から駆けつけた酒造元は以下の10の蔵です。

どの蔵も力の入れようには並々ならぬものを感じましたが、その中でも特に、京都府宮津市のハクレイ酒造の社長である中西哲也氏と一緒に参加された、福知山市の井田一已氏、櫻井一好氏、鬼伝説(特に酒呑童子伝説)で有名な同市大江町で「地酒を造る会」の会長を務められいる大槻博路氏、そして鬼のぬいぐるみをイベント中ずっと着られていた方、の意気込みがひしひしと感じられました(写真2)。

ハクレイ酒造

写真2:ハクレイ酒造

今回のイベントは、主催者のJETROと後援者のサンフランシスコ日本総領事館の肝いりのイベントであり、アメリカにおける日本酒普及に対する強い意志が感じられました。日本酒は文化的に見てもワインと並び称されるべき非蒸留発酵酒であるにも関わらず、つい最近まで世界での知名度はワインとは全く比べものにならないくらい低いものでした。今でもまだまだワインほどの普及度はないですが、多くの人たちの努力でようやくアメリカでも本物の日本酒を理解し、食事と共に楽しむ人が増えてきたことは、アメリカに長く住む日本人としてとてもうれしいことです。

日本酒は日本が世界に誇る食文化です。私も自身が経営するレストラン「Wakuriya(和厨)」や、アメリカ人への日本酒紹介などの活動を通して、微力ながらその活動に貢献できればと思っています。

今回のイベントに参加できたのも主催のJETROサンフランシスコとそれをサポートされた方々のおかげです。心より感謝いたします。

iPhoneで産経新聞を読む

「産経新聞を、一面からテレビ欄まで、紙の新聞そのままのレイアウトで読むことができます」とのうたい文句でiPhoneユーザーに無料で提供されている素晴らしいアプリケーションを知って以来、毎日iPhoneでその日の産経新聞を読ませていただいております。もちろん実際に読む際には部分部分を拡大して読むことになりますが、私の様に日本を離れてアメリカに住んでいる者にとっては最高のアプリケーションです。興味のある方はiTunes Storeから「産経新聞」で検索するとすぐに見つかりますので、ダウンロードして試してみてください。

全紙面を無料で読むことができる、この素晴らしいアプリケーションを提供してくれている産経新聞に拍手!

個人的宿題

オンライン辞書