Posts tagged ‘生命’

『ミトコンドリアが進化を決めた』ニック・レーン

本書では、ミトコンドリアというミクロン程度の大きさしかない細胞内の小器官を主題に、生命の営み、進化、性、老化、死に関して非常に広範囲にわたる議論が展開されます。一般向けですが、読み通すには高校レベルの生物学の基礎知識と、その内容の膨大さからかなりの集中力を必要とします。

私が高校時代に生物学を学んだ当時(1970年代後半)の教科書では、ミトコンドリアとは「多細胞生物の細胞内にあり、酸素を使って糖などの栄養物を燃やしエネルギーを生み出す」小器官であると教えられただけでした。

その後、約30年間の多くの研究の結果、ミトコンドリアが実はエネルギーを生み出すと言う役割以外にも、有性生殖、母系遺伝、細胞の自殺、生体の老化、死、そして生命の進化にいたるまでの多くの生命活動領域において非常に重要な関係を持っていることが判明しつつあります。それらの新知見が「著者の信念」と言葉を通して微に入り細を穿って紹介されています。ミトコンドリアがこんなにも多くの生命活動に影響を及ぼしていたとは驚きです。

ここで本書に従ってミトコンドリアの働き、起源、性質を簡単にまとめてみます(もちろん網羅的ではありません)。

1. 一人の人間には全身で約1京個(1億の一万倍)のミトコンドリアが存在し、全体重の10%を占める
2. 酸素を使って糖などの栄養物を燃やしエネルギーを生み出す
3. ミトコンドリア自身が独自の遺伝子を持つ
4. ミトコンドリアは母親のみから受け継がれる
5. ミトコンドリアの祖先は細菌で、共生体として真核生物の細胞に棲みついた
6. ミトコンドリアの存在が生命の複雑さを生んだ
7. ミトコンドリアの存在が男女の性を生んだ
8. ミトコンドリアが細胞のプログラム死を司っている
9. ミトコンドリアが老化を左右する
10. 生命の進化においてミトコンドリアが重要な役割を果たした

以上、本書を読んで非常に多くのことを学びましたし、知的好奇心を大いにかき立てられました。

しかしながら、著者の意見のすべてに賛同できるわけではありません。

上で私は「著者の信念」と書きましたが、ミトコンドリアの起源、働き、役割に関してここで著者があたかも証明された事実のように説明していることの中には、まだまだ仮説の範疇を超えていない事柄も多くあります。

もちろん、多細胞生物にとってミトコンドリアが非常に重要であることは確かですが、だからといって著者が言うように「ミトコンドリアが世界を支配している」と断言するのは言い過ぎだと思います。この宇宙において、生命ほど複雑にして精妙な存在は今のところ他には見あたりません。その生命は、ただ単にミトコンドリアだけではなく、遺伝子、細胞、臓器、種々の分子、タンパク、さらには遺伝子には直接プログラムされていない糖鎖、酸素、水素、炭素、窒素、それ以外の微量元素、およびそれらの間の想像を絶する程の複雑にして完璧に調和のとれた相互作用の結果、この宇宙に生存しているのです。とうていミトコンドリアでけでは世界を支配できませんし、説明もできません。

さらに著者の主張の中で私がもっとも賛同できないのは、エピローグの456ページで著者が述べている次の箇所です。「本書で見てきた物語は、(中略)地球上に限らず宇宙のどこにでも当てはまる、生命そのものの物語なのである」には、明らかに論理の飛躍があります。そもそも地球外の生命の存在すらまだ確認されていないのにどうして「宇宙のどこにでも当てはまる」と言えるのでしょうか?われわれが知っている生物学はあくまでも「地球生物学」です。

苦言も申しましたが総体的には非常に優れた書ですので、生命に興味のある人すべてに読んでもらいたいミトコンドリアと生命の一大叙事詩です。

『人類が知っていることすべての短い歴史』ビル ブライソン

私がこれまでの人生で出会った書物の中でも最高峰の一冊です。今ここに生きていることの意義をここまで強烈に再認識させてくれる書物にはそうそう出会うことはないでしょう。それほどの感銘を受けました。すばらしいの一言です。

本書は、索引・参考文献も含めれば700ページにも達しようかという大著です。そしてその内容も広範かつ深遠です。物理学、化学、生物学、医学、天文学、惑星科学、地質学、考古学など、およそ科学と呼べる広範な学術分野を網羅的に俯瞰するとともに、宇宙の歴史、地球の歴史、そして地球上での生命誕生から知性を持った人類が生まれるまでの生命の歴史の解説に対して、著者の筆はさえわたります。各分野の黎明期から発展期、そして現在に至るまでの出来事、そしてそれらを切り開いた先人の苦闘の歴史を、各人の人格や背景にまで踏み込んで解説しています。中には少しばかり冗長な箇所もありますが、そのような小さな欠点など忘れさせてくれるくらいの力を持った著書です。

著者が最後に述べているように、地球上のすべての生命は、それこそ無限とも思える途方もない幸運の積み重ねの結果、今ここに生きているのです。そもそも、なんらかの生命体としてこの宇宙に生まれてくることすら容易でない状況において、ここまでの知性を持つに至った人類はさらに幸運なのです。それに加えて、人類は生を享受し、さまざまな方法でその生をいっそう豊かにできるという比類のない能力をも得ることができたのです。この事実を人間はひとりひとり心に刻み込むべきでしょう。そうすれば、この世界は必ずやより良い世界になると、私は信じています。

参考文献も非常に充実しており、さらに詳しく学びたい人の道しるべにもなります。

翻訳も非常によくこなれており、訳者の力量がうかがえます。

『新・細胞を読む』山科 正平

われわれ人間のからだは60兆個の細胞からなると言われています。本書では、電子顕微鏡などの高倍率顕微鏡を駆使して撮影された写真によって、それら細胞の姿を余すところ無く紹介してくれています。

本書は、1985年に発刊された『細胞を読む』の改訂第2版という位置づけですが、この20年間の生物学と顕微鏡技術の大いなる発達に基づき、内容的には全く新しい書ともいえる大幅なアップデートを経て発行されました。

現在の最先端の電子顕微鏡では0.1ナノメートル(1メートルの100億分の1)程度の構造まで見ることができます。つまり、細胞はおろか、一つの一つの分子まで見ることが可能になるのです(分子を見ることができるといっても、実際に分子を見るにはかなり厳しい条件をクリアする必要があるのですが)。

99の項目において、人間を含むいろいろな生物の細胞をこのような高解像度・高倍率の写真で紹介し、それに併せてその細胞の体内での働きを説明しています。つまり、各細胞の体内での働きに思いを馳せながら細胞の姿を見ることができるという組み立てになっています。

本書では主に電子顕微鏡によって撮影された「生きていない」細胞の写真が中心となっています(ただし、精子と卵子が受精する瞬間の写真などはあります)が、現在では進化した光学顕微鏡、蛍光顕微鏡、レーザー顕微鏡、そして原子間力顕微鏡などによる撮影が可能になり、さらには生きて活動する細胞の姿を画像化できつつあります。

このように現在では細胞の形だけではなく、その細胞が活動している姿をも捉えることが可能になりつつあります。次期改訂版では、iPadなどの電子書籍に対応し、実際に細胞が活動している姿を動画で見ることができるのようになることを期待しています。

このような地味ですが真摯な研究成果を視覚的に紹介してくる書を著した筆者と出版社に感謝し、筆を置きたいと思います。